Snow Man「HELLO HELLO」の歌割りまとめ!振り付けは誰なの?

Snow Manの4枚目のシングル曲「HELLO HELLO(ハローハロー)」がリリースが発表されてから、ファンの間では歌割りがどうなうのか気になっている方が多いようです。

グループアーティストに取って自分の推しが、どのパートを歌っているのかはたしかに気になると思うので今回は、Snow Man「HELLO HELLO」の歌割りをまとめてみたのでよろしければ御覧ください!

また、同曲の振り付けも印象的なのでそこについても触れています!

Snow Man「HELLO HELLO」とは

Snow Manの4th single「HELLO HELLO」はグループ初となる恋愛ポップソングで、メンバーであるラウールさんが主演を務める映画「ハニーレモンソーダ」の主題歌として書き下ろされた楽曲です。

この映画作品は、少女漫画誌「りぼん」連載の村田真優による人気漫画を実写化したもので、レモン色の髪をした男子高校生と真面目で内気なヒロインの関係を描いた青春ラブストーリーとなっています。

そのため黄色をモチーフにした世界観、そして胸キュンをところどころに詰め込んだ歌詞に注目が集まっていて少女漫画作品の主題歌にはぴったりな曲となっていますね。

ひとりごと野郎

Snow Manっていつもはかっこいい路線なんやで

Snow Man「HELLO HELLO」の歌割り

上記のミュージックビデオを視聴すると大体の歌割りがわかってくると思いますが、実はYouTube上で公開されている映像はショートバージョンとなっていて、フルでは2番が存在しています。

なのでフルの歌割りは下記のようになりますね↓

※一部不確かな内容アリ

正確の歌割りは判断できませんがざっくりこのような割り振りが考えられます。

メインパートの他にハモリパートも存在するため、上記の歌割り以外でメンバーがハモっている部分もでてきそうですね。

正しい情報はリリースされる「HELLO HELLO」のCDに収録されているMVフルバージョンでチェックできるので、気になる方はお買い求めください↓

Snow Manメンバー間で歌割り問題発生?

そしてファンの方がこの歌割りに注目するのは自分の推しがどこを歌っているかを知りたいからではあるのですが、毎回この歌割りがわかると同時にちょっとした問題も発生してしまうのです。

それが「私の推しの歌割り少なくない?」という点です。

もちろんこれはグループでやっている以上、偏りが出てしまうものなのでどうしようもない話なんですが、それでも人はときに盲目的になってしまいます。

ひとりごと野郎

恋は盲目やしな

で、今回の問題点はSnow Manのメンバー9人のうちラウール・目黒・向井・岩本・渡辺の5人に歌割りが集中して残りの宮舘・佐久間・深澤・阿部の歌割りが極端に減ってしまったということです。

この問題の本質を話すとSnow Manというグループはもともと6人で活動していたのですが、デビュー前にしてラウール・目黒・向井の3人が加入したんですね。

するとデビュー以降、徐々に既存メンバーの歌割りが減っていきファンの間でも薄々この違和感に気づきはじめました。

そんな状態で4枚目のシングル「HELLO HELLO」がリリースされたわけですが、蓋を開けてみたら極端に歌割りを減らされてしまったことに一部で不満の声が上がってしまったのです。

これが今回の歌割り問題となりますね。

ひとりごと野郎

まあどこにでもある話やな

結果としてですが「HELLO HELLO」のCDには他にもカップリングが3曲入っていて、それらの歌割りを考えると他のメンバーにも見せ場が用意されていたので納得行く形に落ち着きました。

ひとりごと野郎

絶対次のシングルリリースしたときも同じこと起きそうじゃね?

Snow Man「HELLO HELLO」の振り付け動画がすごい!

「HELLO HELLO」で注目されているのは歌割りだけではありません。

振り付けにも非常に多くの関心が寄せられています。

なぜなら、Snow ManのSNS各種公式アカウント及びハニーレモンソーダチームよりサビの振り付けを踊るコンテンツが多く投稿されているからです。

こちら御覧ください↓

このようにメンバー自らサビの部分だけでも踊りやすいように振り付け動画を3つに分けて投稿する徹底ぶり。

ちなみにSnow Manはグループの公式YouTubeチャンネルに毎回ダンス動画を投稿していて、それを視聴したダンサー界隈の方がYouTubeで踊ってみた動画を投稿することが一連の恒例行事みたいになっています。

ただ今回はSnow Manの楽曲のなかでも比較的簡単に踊りやすいので、このような動画を出しているのでしょう。

ひとりごと野郎

とはいえ踊れるかと言われるとちょっとレベル高いぞっ汗

さらにメンバーだけでなく映画ハニーレモンソーダの共演者と踊る動画も↓

ここで覚えたダンスを共演者の各種TikTokでも投稿されているので、今回の曲のプロモーションは非常に力が入っているのが伺えますね。

ちなみにバナナマンの日村さんも自身の冠番組「バナナサンド」でダンスを覚える企画をしています↓

ひとりごと野郎

つらそうやんけwwwwww

Snow Man「HELLO HELLO」の振り付けは誰が担当?

「HELLO HELLO」の振り付けが注目されているのは前述のとおりですが、この特徴的で覚えやすい振り付けは誰が担当したのでしょうか?

このあたりも一部のファンからは興味をもたれています。

ひとりごと野郎

そんな振り付け師に興味あります??

というのも、Snow Manのメンバーに振付師でもある岩本照さんがいるんですね。だからこの振り付けも岩本さんが考えたのではないかと思われているんです。

ひとりごと野郎

なるほど!そういうことなら納得やん!

しかし、今回の曲の振り付けは岩本さんではない可能性が高いです。

なぜなら仮に岩本さんが振り付けを担当していたらそれは公表するはずだし、あえて隠す必要もありません。

その証拠に「HELLO HELLO」に収録されている「Yum Yum Yum ~Spicy Girl~」という曲の振り付けは岩本さんが担当していると公表しているので、「HELLO HELLO」は別の誰かが振り付けをしているのでしょう。

ただ、それが誰なのかは残念ながら明らかになっておりません。

ですが候補者、というか噂になっている方はいてそれがノルウェー出身の3人組ダンスクルー「Quick Crew」です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Quick Style(@thequickstyle)がシェアした投稿

なぜ彼らが噂になっているのかというと、Quick CrewのYouTubeチャンネル「TheQuickStytle」の再生リストにSnow Man「HELLO HELLO」のMVが追加されているからです↓

出典元:Quick Crew YouTubeチャンネル

しかも再生リストのタイトルが「Projects」と書いてあるので、Quick Crewが担当している説は非常に高いように思います。

ひとりごと野郎

逆に担当してなかった場合の理由がわからなんしな

この件について公式では誰も触れていませんが、Quick Crewのダンス動画をチェックするとちょっとSnow Manがやりそうな手法も取り入れられているような気もするので、これはこれですごい人から指導受けてるんだなって感じです。

ひとりごと野郎

いや想像の100歩先に行ったクオリティだったwwww

まとめ

以上Snow Man「HELLO HELLO」の歌割りと振り付けについてまとめてみました!

CDには歌詞カードはもちろんのことMVやマルチアングル映像などもついてくるので、気になる方にとってはすべてが解決する作品になっていますよ!

ぜひお買い求めくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です